フロスが歯周病、う蝕の予防に大切だと考えることを記します。
自分は、フロスの大切さを感じています。歯ブラシをして一見きれいでも、多くの方が、歯間部にフロスを通すと、たくさんのプラークが出てきます。
そして、患者さんにも見ていただいてます。みなさん驚きます。自分もフロスを使って磨いた時、歯間部から、多くのプラークが出てきていることに驚きました。

そう、このフロスまですることで、隣接面う蝕、歯肉溝内のプラーク(細菌の塊)を多く取り除くことが出来ます。

自分は、治療の合間を縫ってでも、患者さん自身のプラークコントロールの重要性を伝えていきたいと思います。