先週、ClubGPに参加しました 2007年12月09日20:25

考えさせられる価値のある勉強会だったので、思い立ったので、今、感想を書いておきます。

 

遊離端義歯に対しての興味が沸いた。

 

ある先生が言っていた言葉が心にひびく。 「フルマウスでみること。治療計画立て直すとき、その視点が必要。」 全顎的にどう治療していくか。その視点って大切。今、大学の診療では保存修復、歯内療法、歯周治療を、専門分野に特化して担当している。それはそれで一つのものを深く考えることが出来てとても貴重。でもそれだけではなく全体をみることも意識しよう。 最後は患者さんが満足して噛めることが大切だから。 明日からの臨床、いまより補綴を意識していこう。

 

文献考察もきちんとしたい。せっかく大学で診療させてもらっているから、論文を読んでおく。開業医さんであびるほどの臨床をしている仲間がいる。 自分はそれは出来ない。今出来る中で最善のことをしたい。きちんと考えて、臨床が出来るように。シンプルに、深く、正確に、スムーズに。