◆子供の歯並び、矯正治療への想い。

 
愛する我が子には綺麗な歯並びであってほしい。自分は歯並びや、むし歯、歯周病で悩んだから、子供には同じ苦労をさせたくない。そういうお母さん、お父さんの気持ちよくわかります。
良い歯並びでむし歯ゼロを私は目指しています。

では、歯並びが悪い時、どうしたら良いか。歯並びを良くする治療を矯正治療と呼びます。
出来る限り、早い段階から、悪い歯並びを発見して、悪化する前に治療に取り掛かりたいと願っています。もしくは、歯並びを注意深く経過を観察し、適切な時期に歯並びの治療を開始したいと願っています。

  子供の矯正では大人と、治療の時期も治療法も変わってきます。

子供の歯並びで、早い段階から改善する問題がある時や、将来歯を抜かないで矯正治療できる可能性がある時は、第一期として早期にその問題の改善をはかっていきます。そして、永久歯が生えた後本格矯正を行う第二期治療へとすすみます。2段階に分けた治療の方法が行われます。

◆二期の治療、治療の流れ 

1.第一期治療のみの場合は、
第一期にて部分的処置、問題解決をはかります。
暫間保定の後、定期観察によって永久歯咬合の完成が確認をします。

2.第一期治療+暫間保定+第二期治療の場合
第一期において部分的な改善をおこない、第二期において咬合完成の治療として本格矯正治療。
第二期の治療開始時期に、口元の出っ張り具合、抜歯・非抜歯の最終的な決定を行います。

少しでも、多くのお子さんが、キレイな歯並びになってもらうように、私は、特に混合歯列期のお子さんの歯並びを注意深く確認しています。

参考HP:http://homepage3.nifty.com/tomura/twophases.html