2015年 第108回歯科医師国家試験の合格発表がありました。

第108回歯科医師国家試験の合格発表について
厚O労O省  第108回歯科医師国家試験の合格発表について

発表日時:2015年3月18日(水)14時(http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/successlist/siken02/about.html)

出願者数   受験者数    合格者数   合格率
新卒者 2,525人    1,995人    1,457人    73.0%
全体  3,695人    3,138人    2,003人    63.8%

となっておりました。

 

母校の東京歯科大学の合格率は、全体で(新卒・既卒合計)93.5%および新卒94.0%が、国立を含めても唯一90%台の合格率だったとのこと。

東京歯科大学のHPにも速報で掲載されていました。(http://www.tdc.ac.jp)

これもひとえに10年以上続けている教育改革の結果なのでしょう。現場の先生方の努力に敬服します。

 

参考HP:

http://www.ikeipress.jp/archives/8275

http://www.desnet.co.jp/topics/

 

 

東京歯科大学時代を、歯科医師国家試験に受かるという視点から思い出してみる。

東京歯科大学を数年前に卒業しました。なぜ国家試験に強い要因を、卒業生として思い出してみました。

 

・先生が、学生が国家試験に合格することを支援している。主任、副主任の先生が学年につく。

・学生が、講義の理解の一環のため、自分たちで国家試験形式で問題を作る。

・毎年、国家試験レベルのCBTによる学内進級テストが存在する。かつての当院試験が、1年から6年まで毎年あるようなもの。

・教員も国家試験程度の、試験を解き、自分の専門科以外の最新の知識を習得している。

・試験問題もただ作りっぱなしではなく、識別係数が判定され、良問(成績優秀者が)を学内にストックしていっており、学生は常に良質の知識を蓄えている。

・卒業生へのフォローも熱い。国家試験合格するまで、歯科医師になるまで、総合講義に参加を許可する。

・学科によっては、毎講義ごとに小テストがあり、その日の講義の内容をその日のうちに身につける工夫があった。

 

現在はさらに進化していることでしょう。

 

自分自身も、東京歯科大学4回生の時の頃です。

登院試験・CBTを受け、無事に5回生になれる、病院実習に入れるというときに、何気なくその年の歯科医師国家試験を解いてみました。

なんと、合格ラインを十分に越えていました。

ああ、この大学で別段国家試験勉強をしなくても、基礎系、臨床系の講義を受け、きちんと定期試験を受けていたら大丈夫なんだと実感しました。(もちろん6回生での総合講義などの、国家試験対策もありましたが、、、)

 

その時、母校の教育に安心感を持ちました。あと2年間は自分の興味あることをして、病院実習も安心して受けれる、臨床研修の見学も色んな所に行けると、。

事実、そこから、多くの病院に見学行かせてもらったり、卒業論文の講座に顔を出させてもらったり、コンペティションをしたりと、いろいろな経験をすることが出来ました。

 

合格した学生さんへ。

合格された方お疲れ様でした。惜しくも不合格だった方はまだチャンスは有ります。

でも、歯科医師としては、これからがスタートです。この知識は最低限です。

さらに具体的な知識が必要になります。一からの技術が必要になります。

実際の患者さんへよい歯科医療を提供して、貢献する必要が有ります。

歯科医師として、臨床家として自立するのであれば、経営も考えなければいけません。

良い仲間との切磋琢磨を、これからも続けていってください。