いくつかの質問に答えていきます。

◆どのような歯科医院か?

多くの患者さんが来院される歯科医院。どのようなスタンスでいることが患者さんに来てもらえるのか。

歯科での治療方針◆その患者さんにとって最善の方法を提案する。その患者さんの希望を汲み取る。ドクターとしては頭の中で幾つもの治療方針を瞬時に立てていること。1.自費、保険含め、また全てをやり変えての可能な最善の治療。2.保険治療の範囲内で、歯周組織の改善および、咀嚼機能の回復を図る。3.短期間で終わらせる。応急処置のみ。(メリット)。ほっておくと進行するリスクのあるところはきちんと説明しておく。患者さんと話しながら汲み取っていって、治療方針を決定する。

◆予防、メインテナンス 定期的に検診、メインテナンスすることで、ポケット残存部、齲蝕リスクのある補綴物、低下するセルフケア能力の改善を行うことができる。

◆小児への対応◯可及的に疼痛を伴わない治療を行う。齲蝕歯に対しては、サホライドの塗布により齲蝕の進行を抑制と、グラスアイオノマーセメントによる充填によるフッ素除法効果を期待した歯質強化。

乳歯、幼若永久歯に対するフッ素塗布による齲蝕予防。第一大臼歯を始めとする永久歯臼歯へのシーラント填塞による齲蝕予防

◆口腔疾患の重篤化を防ぐために早期発見早期治療に心がける。

◆不正咬合への取り組み矯正専門医との連携治療(和歌山市駅とむら矯正歯科クリニック)小児矯正としての床矯正治療

◆若松歯科医院で学べること1. 開業時に必須となる、一般歯科治療技術の向上。残根抜歯、抜歯。エンド。修復、補綴。義歯作成。小児対応。2. 開業医として必要な患者コニュニケーションスキルの習得。3. 多くの来院患者対応技術4. 臨床哲学5. 高度治療。インプラント治療、矯正治療、歯周外科治療、埋伏智歯抜歯。口腔内排膿処置。治療用義歯を用いた総義歯治療。エンドバーおよび防湿下でのロータリーエンジンを用いたNi-tiファイルによる根管治療。

自分がいる間であれば、、、。自分自身もまだまだ浅学の身であり、臨床の技術を。研修をサポートします。◆診査・診断コース

JIADS・SJCDコースをベースとした、診断、治療の流れの解説。フルマウスを対象とした症例検討。臨床家としての症例蓄積のために。。。口腔内写真5枚法による口腔内撮影法の取得永続性のある治療を行うための全顎治療のディスカッション、患者さんごとのニーズに沿った治療計画立案

◆補綴・咬合コースSJCD小林守Drより学んだオールセラミッククラウン&ジルコニアブリッジ形成練習 ◆歯内療法・修復コース牛久保Drより学んだロータリーエンジンを用いたNiTiファイルを用いた歯内療法実習MTAを用いた歯根端切除術レクチャー

◆ペリオコース大阪大学歯学部歯周科、JIADSコースをベースとした、MWF、APF、OF、再生療法、結合組織移植術、遊離歯肉移植術の歯周外科治療実習&レクチャー

◆インプラントコース臨床器材研究所主催口腔インプラント学会認定100時間コースをベースとした、顎模型を用いたインプラント埋入実習&レクチャーMYTISインプラントシステムによるインプラント実習

◆矯正・床矯正・MFTコース矯正専門医山田先生より学んだ小児床矯正実習、ストレートワイヤ−テクニックを用いたフルマウス矯正治療のためのタイポドント実習。バイオプログレッシブセラピーを背景とした、矯正理論、診査診断、治療計画立案、症例検討

◆予防・小児歯科コース熊谷崇先生の若手向けオーラルフィジシャン育成コースをベースとした、予防の実践方法、実習および講義ワクワク楽しいヨリタ歯科クリニック診療をベースとした、予防処置システム解説とその実践

◆口腔外科コース半埋伏智歯抜歯CTを用いた下顎完全埋伏智歯抜歯レーザーを用いた嚢胞摘出術、小帯切除術