◆大切な我が子を虫歯にしたくない
大切な我が子を虫歯にしたくない、その思いはお母さん、お父さんの共通の願いでしょう。
その中で、赤ちゃんへの口移しでご飯を上げているということを聞くことがあります。

離乳食をあげる時期は、大変です。柔らかさを調整するのも大変です。ついお母さんの口で潰して、あげたくなる方もいるかもしれません。

また、おじいちゃんおばあちゃん世代が孫に口移しでご飯を与えていて困るというなやみも聞きます。
おじいちゃんおばあちゃん世代に、なかなかママ世代は言いづらいものです。

◆虫歯菌は口移しで伝染る?
これ疑問点だと思います。答えは、伝染ります。
唾液を介してむし歯菌が伝染ります。

赤ちゃんのお口の中はは全くのクリーンな状態です。
大人の唾液を介してむし歯菌がキレイな赤ちゃんのお口の中に定着してしまいます。

◆口で噛まなければ大丈夫なのか?

お父さんやお母さんが使っているお箸やスプーンで食べ物を砕いて赤ちゃんに使ってしまうとそれも赤ちゃんのお口にむし歯菌がうつってしまいます。
スプーンに既に唾液がついているためです。

あまりにそう神経質になる必要ないかもしれませんが、気にしないで赤ちゃんに接することで、かわいい赤ちゃんに影響が出ることがあるということは、しっかりと知っておいた方がいいでしょう。

1歳半健診で虫歯を指摘されている赤ちゃんもやはりいます。
むし歯のことを気にしているご両親が増えた一方で、気にしていない方は全く気にしていないという結果も現れています。

◆赤ちゃんへむし歯菌が伝染らないように。

離乳食はいつも持ち歩くことをおすすめします。
赤ちゃん用のスプーン、お皿を持ち歩くことをおすすめします。

 

大切なお子様がむし歯にならないように、おざき歯科医院では口腔清掃指導、アドバイスもさせてもらっております。気になることがある方はスタッフになんでも聞いてくださいね。