「最後の人生の見つけ方」  2008年05月16日23:09
「最後の人生の見つけ方」を観てきました

余命6か月、後悔して死にたくない。何をするか。 考えさせられた。そして大切なものについて考えた。 まだ20代。もう20代。 意外と大切なものは近くにあると感じる。

自分は、ただただ上を目指している。人に喜んでもらえる治療ができる。一流の歯科医師となる、専門医なる、独立する、物書きをする、講演をしていく。高みを目指し続ける集団をつくる。

 

でも、見逃しているもの。当たり前で見過ごしているもの、忘れているもの。 家族、約束をした仲間。毎日の暮らし。目の前のやるべきこと。

 

今出来ることからする。後悔しない。