clubGP参加 2008年02月18日17:07
昨日clubGPの症例発表、講演会に参加しました。

 

大月先生、佐藤先生、そして宮内先生。すごい先輩がいることに感動。

海外で研修を受けに行く姿、文献をひも解く勤勉さ、開業して自分のスタンスで臨床をしている姿。 刺激になることがたくさんでした。

 

得たこと。

1.第一に考えるのは、患者さん、スタッフのこと。利益は後から付いてくる。

2.いつでも基礎に立ち戻れる姿勢が大切。

3.クラウンブリッジでの咬合→咬合嵌合位の確立、前歯による臼歯離開の確立これが押さえ所。

4.症例発表するのに関連する文献を10個は読んでくる。それが力となっていく。

5.口腔内写真を撮りためておく。将来自分の臨床を振り返ることが出来る。

6.歯型彫刻する。歯の形態を手先で覚えていることは武器になる。

 

一つずつ、身に付けていこう。 昨日は高い志をもった方々から、良い刺激を受けた充実した一日でした。