貝塚イオン1階。おかげさまで2周年。泉佐野市、貝塚市、熊取町、泉南市、阪南市、岬町、田尻町、岸和田市、和泉市から歯周病を無くしたい。

マタニティー歯科について

マタニティー歯科って??

妊娠中だから虫歯があっても歯医者で治療はできない、と思われている方も多いかもしれませんが、妊娠中でも妊婦さんの体調が許せば治療は問題なく行うことができます。むしろ、私達は妊娠中にこそ、歯科を受診してほしいと思っています。
妊婦さんのための虫歯予防のプログラムと歯科治療、それがマタニティ歯科です。

出産すると歯が悪くなる??

これはある意味では本当です。妊娠・出産を境に歯を悪くされる方がたくさんいらっしゃいます。妊娠中は体だけでなくて、つわりやホルモンの変化、唾液や食嗜好の変化といったように口の中も大きな変化が起こっていて、虫歯や歯周病になりやすい状態になっています。そして妊娠中だからと歯科を敬遠してしまうことがそれを助長してしまいます。

でも、昔よく言われたように「子供を1人産むと、歯が1本無くなる」とか「お腹の子にカルシウムを摂られる」というのはウソです。歯は、カルシウムで出来ていますが、1度歯になったカルシウムは、一生そのままです。ですから、妊娠自体が歯を溶かすことはなく、要は、妊娠中の口腔ケアによるものなので防ぐことができますし、もしなってしまっても治療することができます。

母子手帳にも、妊娠中と産後の歯の状態という項目がありますのでたとえ自覚症状がなくても母子手帳を持ってチェックしてもらってくださいね。最近は各自治体で、妊婦健診補助券と一緒に妊娠中の歯科検診無料券をつけているところが増えてきています。それだけ、妊娠中のお口の管理の重要性が見直されてきているんです。

妊娠中のセルフケア

つわりで歯ブラシができない

  • 小さめ、やわらかめの歯ブラシを使用して、小さく動かすこと
  • 前かがみ気味で、前に掻き出すように磨く
  • 食後にこだわりすぎず、体調がよい時間にしてください
  • 匂いが気になる場合は歯磨き粉は無理に使用しなくてもいいです。

口がネバネバする

  • 低刺激の洗口液を使用して口をさっぱりさせる
    (洗口液の中には虫歯予防のフッ素がふくまれているものもあり、どうしても歯ブラシできない時には最悪、洗口液でうがいするだけでも多少はいいでしょう。)

食べづわり

  • できるだけ間食は甘くないものを選ぶ
  • キシリトールタブレットやキシリトールグミなど虫歯にならないものを選ぶ
    (特に、そのあと歯ブラシができない状況の場合はキシリトールタブレットなどを口に含み空腹による気持ち悪さを紛らわすのがいいと思います。私は食べづわりがあって夜中も空腹で目覚めて気持ち悪くなっていたので、キシリトールのガムやグミを食べて紛らわせていました。)

妊娠中にお子様の健康な歯を育てるためにできること~歯育ては妊娠期から~

  1. 虫歯の治療をする
  2. 歯周病の治療をする
  3. 歯と歯茎のクリーニングをする
  4. 栄養のある食事で健康な歯を育てる
  5. 虫歯予防の習慣をつける

1. 虫歯の治療をすることで、お子様に虫歯菌が感染するのを防ぎます。

元々、赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。1歳7ヶ月~2歳7ヶ月くらいをピークにお母さんをはじめ、周りの大人の口から感染します。母親の虫歯菌の数でお子様への虫歯菌の感染率はこれほど大きく変わってきます。虫歯を治療して、虫歯菌をできるだけ減らしておけば、お子様の感染年齢を遅らせて、虫歯予防につながります。赤ちゃんに接するご家族みんなで受診しましょう。
 

2. 歯周病の治療をする

成人の80%がかかっていると言われている歯周病ですが、妊婦さんはお若いので歯周病とは関係ないと思っている方も多いと思います。実際に妊娠中でなければ歯周病になっていない方も多いと思いますが、妊娠中はホルモンの関係で約60%の妊婦さんが歯周病の一種である妊娠性の歯肉炎になると言われています。歯茎が腫れるとか、歯ブラシをすると出血するという症状がある方は妊娠性歯肉炎になっています。
そして、歯肉炎がひどくなり、中等度以上の歯周病になってしまうと、低体重児出産リスクが7.5倍にも高くなることが分かっています。これは人種の違いなどによるリスクよりもはるかに高いもので、歯周病と低体重児出産の関係はとても深いと言われています。治療とクリーニングをする事により、流産、早産も防ぐことができます。
 

3. 歯と歯茎のクリーニングをする

虫歯や歯周病がなくても、クリーニングを行うことでさらにお子様の虫歯感染率をさらに下げることができます。妊娠中にクリーニングをおこなった妊婦さんと、なにもしなかった妊婦さんとでは、2歳、3歳の時のお子さんの虫歯菌感染率が2倍近く変わってくることがわかっています。
 定期検診とクリーニングで「出産したから歯が悪くなった」ということを防ぎましょう。出産後は忙しくてなかなか歯科へも通いにくくなります。出産後、お口の悩みがなく、笑顔で子育てができるように妊娠中にきれいにしておきましょう。
 

4. バランスの良い食事で丈夫な歯を育てる

赤ちゃんの歯は妊娠初期の7wくらいから育ち始め、出生後は母乳の栄養で残りの部分が育っていきます。乳歯はもちろんのこと、一生使う永久歯まで全部ではありませんが妊娠中に作られ始めているんです。生えてくるのは6歳くらい以降なのに、妊娠中にもう作られているというのはびっくりですよね。妊娠期・出産後もタンパク質、ビタミン、ミネラルを含む栄養バランスの良い食事を心がけ丈夫な歯を育ててあげましょう。
 

5. 虫歯予防の習慣をつける

そして、これが一番大切なことかも知れません。
両親のお口の中の環境は、驚くほどお子様に反映されます。これは、遺伝ではなく、歯ブラシや食習慣、定期検診を受診しているかといった、生活習慣が反映されているのです。
妊娠期からお口の健康と予防について知っておくことで、お子様の歯が生える前から虫歯予防の習慣ができます。
お子様に虫歯ができてから「虫歯予防をしましょう!」と言われてもお母さんにとっても、お子様にとっても大変な思いをすることになります。そこで、妊娠期からお口の健康と予防について知っておくことで、お子様の歯が生える前から虫歯予防の習慣ができます。虫歯予防の素晴らしい習慣をそのままお子様へ引き継いで、お母さんもお子様も大変な思いをすることなく、虫歯0を目指しましょう。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 072-468-6405 8:30〜13:00、15:00〜19:30

PAGETOP