東京錦糸町にてKISWとしてキム・ホンギ先生の特別講演会を開催いたしました。
 
貴重な休日を研修に咲いていただいた、KISWのメンバーの方、また遠方より参加していただいた先生方に感謝いたします。
 
 
キム・ホンギ先生より、患者さん向け、患者さんのご家族向けの啓蒙に関しての講演内容でした。
インプラントを実施するのみならず、患者様の理解が大切と感じました。
 
・患者さんが暴露する化学物質、唾液の正常、ブラッシングでの歯ブラシ、フロス、舌ブラシに関しての知識の整理
 
・歯周病のリスク
 
・インプラントのリスク注意点を伝えること、リコールの重要性
 
 
キム・テヨン先生よりImmediate implantationについての講演が行われました。
 
・Bundle boneの重要性、抜歯後の骨のボリュームへの配慮、骨のどこが減少するのか。
 
・抜歯即時埋入、ソケットプリザベーションの勘所
 
・急性炎症時の対応
 
・薄い歯肉のバイオタイプの考え方
 
 
最後にキム・ホンギ先生よりオペの症例の動画を見ながら復習を行いました。
 
 
韓国インプラント界の重鎮キム・ホンギ先生の40年以上になるインプラント治療への実績に裏打ちされた話はとても説得力がありました。
 
今後も、たしかな知識の裏付けのもとに、治療を行っていこうと思います。