貝塚イオン1階。おかげさまで2周年。泉佐野市、貝塚市、熊取町、泉南市、阪南市、岬町、田尻町、岸和田市、和泉市から歯周病を無くしたい。

院長あいさつ

院長あいさつ

尾崎亘弘はじめまして。 歯科医師・尾崎亘弘です。 2015年8月3日に、貝塚イオンにて歯科医院を開業いたしました。 私は、東京歯科大学卒業後、大阪大学歯学部附属病院の歯周科にて研修を行ない、大学院では歯周病に関係する研究を行って来ました。 大学院修了後、大阪大学歯学部附属病院の歯周科にて臨床に従事し、また歯周治療の技術と知識を学びました。 その後、「日本歯周病学会認定医(歯周治療の認定医)」、「日本歯科保存学会保存治療専門医(歯を保存する専門医)」、「日本顎咬合学会認定医(かみ合わせ認定医)」を取得し、熊取町にて地域歯科医療に従事してまいりました。 熊取町、泉佐野市、貝塚市、泉南市、阪南市の方が歯科治療に通われていました。 なぜ貝塚イオンで開業するのか?ということをよく聞かれます。阪南市で開業してくれたらいいのに。そうなんです、私は阪南市で生まれ育ったのです。なぜそれが貝塚なの?その答えは明確です。 「この生まれ育った泉州から歯周病を無くしたいから。」 私は大阪府阪南市で生まれ育ち、貝塚市・岸和田市で学び、現在、貝塚市在住です。この生まれ育った泉州の地にすこしでも恩返しを出来ればと思い、開業いたします。 貝塚イオンで開業する、明確な3つの理由です。

  1. 歯科医院がどこにあるのかわかりやすい(「貝塚イオン、昔の貝ジャスやで」、で通じる)
  2. 通いやすい(地域密着、日常的に来院できる場所。車でも駐車スペースの幅が広く運転が苦手な人でも車がバックで停めやすい!800台以上の駐車場がある)
  3. 貝塚イオンさんの地域に貢献したいという熱意を感じたから

という理由から、この地での開業を決心しました。大阪府最南端、南泉州唯一の歯周病学会認定医・歯科保存学会専門医として、少しでもむし歯や歯周病で困っている人の力に、地域医療に貢献していきたいと願っております。 私達は痛くない治療を心がけ、笑顔でお迎えし、温かい心配りをし、小さなお子さんから年配の方まで丁寧に治療を行います。 そしてスタッフ一同、来院者様の健康をサポートしていきたいと願っています。

 

 

院長・理事長 紹介

歯科医師・尾崎亘弘の紹介をします。

歯科医師の尾崎亘弘と申します。2015年8月3日にこの泉州の地で、そして遠方からでも通いやすい、貝塚イオン内にて開業いたしました。

生まれ育ったこの泉州から歯周病を無くしたい、歯を失って困っている人がいなくなることを願っています。 そのために予防型の歯科医院を開業しました。そして、家族がみんなで安心して末永く通える歯科医院にしていきたい、長いお付き合いをしていきたいと願っています。

専門・役職

  • 歯科医師
  • 歯学博士(大阪大学大学院歯学研究科修了)
  • 厚生労働省卒後研修指導歯科医
  • 日本歯周病学会認定医: 院長は「歯周病学会認定医」であり、予知性の高い歯科治療およびインプラント治療など、包括的歯科診療を患者様に提供する歯周病治療のスペシャリストです。
  • 日本歯科保存学会 歯科保存治療専門医: 院長は「歯を保存する」専門医です。保存修復、歯内療法、歯周療法の三分野を特に対象とし、常にいかに「歯を保存する」かを追求しています。専門医として認定された者は「歯科保存治療専門医ガイドライン」に示されている研修指標を実践できるのはもちろんのこと、一般臨床歯科医に対する指導的立場を担うことが学会より求められております。自己の研鑽及び若手歯科医師の指導にあたっています。
  • 日本顎咬合学会 かみ合わせ認定医: 院長は「かみ合わせ」を考えた治療を行ないます。自分の大切な歯で快適に噛めるようにする、インプラントなどで快適に噛めるようにするか、常に研鑽を積んでおります。
  • 大阪大学歯学部招聘教員
  • 東京歯科大学同窓会大阪府支部理事

所属学会

一臨床家として、以下の学会に所属し、最新の知識、臨床研究結果、技術を得て行っております。

所属スタディーグループ

  • K.I.S.W.アクティブメンバー: 開業医で構成されるインプラントスタディーグループ。
  • Bioprogressive Study Club of Japan:歯科矯正研究会 Carl F.Gugino先生を名誉会長とした矯正治療の研究会です。
  • 臨床器材研究所:インプラントの臨床、研究をする大阪の団体です。

 

参加した研修

PREF-J中川寛一元教授によるマイクロエンドコース
インプラントZERO ベーシックコース
ドミニカサイナス研修セミナー
地域一番実践会ベーシックコース
臨床器材研究所主宰インプラント100時間コース
明石矯正研修会
山田矯正セミナー
JIADSペリオコース
SJCDエンドコース
 
 
 

学会参加

 
2008年 第21回日本歯科医学会総会
 
2008年 IADR(トロント、カナダ)
 
2008年 日本歯科保存学会2008年度春季学術大会(第128回)
 
2008年さいたま 第51回春季日本歯周病学会学術大会
 
2008年 第51回秋季日本歯周病学会学術大会
 
2009年9月4日・5日 第41回日本臨床分子形態学会総会・学術集会
 
2010年 日本歯科保存学会2010年秋季大会(第133回)オーラル発表
2010年 第58回国際歯学研究学会日本支部総会・学術大会 ポスター発表
2010年高松 第53回秋季日本歯周病学会学術大会
 
2011年 第135回日本歯科保存学会 2011年度秋季学術大会)
 
2011年6月2日・3日 第32回日本炎症・再生医学会
 
2011年 IADR (サンディエゴ、USA)オーラル発表
2012年 第22回日本歯科医学会総会(大阪)
 
2014年 第57回春季日本歯周病学会学術大会
 
2015年 秋季日本歯周病学会学術大会
2014年 日本歯科保存学会2014年度春季学術大会(第140回)
 
2014年 日本歯科保存学会2014年度秋季学術大会
2014年 BSC総会(名古屋)
2015年 春季日本歯周病学会
2015年 日本歯科保存学会2015年度春季学術大会
 
2015年 秋季日本歯周病学会
2015年 日本歯科保存学会2015年秋季学術大会
 
 
 

学会参加

 
第51回春季日本歯周病学会学術大会  日本歯周病学会         08/4/25-26          1 2008
IADR GENERAL SESSION       国際歯科研究学会        08/7/2-5     5603             1
第51回秋季日本歯周病学会学術大会    日本歯周病学会         08/10/19     00854            1
第21回日本歯科医学会総会      日本歯科医師会・日本歯科医学会 08/11/14-6   050209           2
第41回日本臨床分子形態学会総会      日本臨床分子形態学会      09/9/4-5                      1
第53回秋季日本歯周病学会学術大会    日本歯周病学会         10/9/19      1556             1
第58回JADR総会・学術大会           国際歯科研究学会日本部会    10/11/20-21  027              1 2011
IADR GENERAL SESSION      国際歯科研究学会        11/3/16-19   587429           1
第32回日本炎症・再生医学会          日本炎症・再生医学会      11/6/2-3   01217           1
第22回日本歯科医学会総会            日本歯科医師会・日本歯科医学会  12/11/9-11   030367           2
第57回春季日本歯周病学会学術大会    日本歯周病学会         14/5/22-24   040025           1
第57回秋季日本歯周病学会学術大会  日本歯周病学会         14/10/19     050077           1
 
 
 

【日本歯科保存学会における筆頭演者としての学会発表】

尾崎亘弘,山田聡,藤原千春,田内拓史,梶川哲宏,粟田敏仁,小澤康宏,村上伸也.ヒト歯根膜組織完全長cDNAライブラリーを用いたCathepsin Kの同定および機能解析.日本歯科保存学会2010年秋季学術大会プログラムおよび講演抄録集 2010年;53:P35 A9-1610
 
(筆頭演者として学会発表) N. OZAKI, S. YAMADA, C. FUJIHARA, T. TAUCHI, T. KAJIKAWA, T.AWATA, Y. OZAWA, and S. MURAKAMI. Analysis of Cathepsin K in human periodontal ligament cells. 第58回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会 2010;58:P16, 003
 
N. OZAKI, S. YAMADA, C. FUJIHARA, T. TAUCHI, T. KAJIKAWA, T. AWATA, Y. OZAWA, and S. MURAKAMI. Cathepsin K expression in human periodontal ligament cells. IADR General Session & Exhibition 2011 ; 89 : オンライン抄録march 19 2011, 2981
 
尾崎亘弘、山田聡、藤原千春、田内拓史、梶川哲宏、粟田敏仁、山羽聡子、村上伸也.ヒト歯根膜細胞におけるCathepsin Kの発現調節.日歯周誌秋季特別号 2012;55:87, P-38
 
 
 
3尾崎亘弘、山田 聡、藤原千春、田内拓史、 梶川哲宏、粟田敏仁、小澤康宏、村上伸也、 ヒト歯根膜組織完全長 cDNA ライブラリー を用いた Cathepsin K の同定および機能解 析、第 133 回日本歯科保存学会秋季学術大会、 2010. 10. 28. 4
 
Kajikawa T, Yamada S, Ozawa Y, Fujihara C, Tauchi T, Ozaki N, Murakami S, Gene polymorphism in PLAP-1/asporin regulates mineralization of periodontal ligament cells, 88th IADR, 2010. 7. 16. Barcelona, Spain 5
 
梶川哲宏、山田 聡、小澤康宏、藤原 千春、田内拓史、尾崎亘弘、村上伸也、 マウス歯周組織発生過程における PLAP-1 タ ンパクの発現解析、第 132 回日本歯科保存学 会春季学術大会、2010. 6.4. 熊本市 6
 
田内拓史、山田 聡、前田憲一郎、藤 原千春、梶川哲宏、尾崎亘弘、村上伸也、 新規歯根膜特異的 Periostin アイソフォーム TypeII の機能解析、第 53 回春季日本歯周病 学会、2010. 5.14. 盛岡市 7
 
藤原千春、山田 聡、田内拓史、梶川哲宏、 尾崎亘弘、小澤康宏、村上伸也、グルタミン 酸シグナルによる歯根膜細胞の分化制御、第 131 回日本保存学会秋季大会、2009. 10. 30. 仙台市
 
 
(共同演者としての発表)
大原廣之,竹立匡秀,小笹匡雄,尾崎亘弘,河原貴展,兒嶋由子,橋川智子,島袋善夫,村上伸也.CD73(ecto‐5′‐nucleotidase)による骨代謝制御機構の解析.日本歯科保存学会2008年度春季学術大会プログラムおよび講演抄録集 2008年;51:P41 A13-0900
 
藤原千春,山田聡,田内拓史,梶川哲宏,尾崎亘弘,小澤康宏、村上伸也.グルタミン酸シグナルによる歯根膜細胞の分化制御.日本歯科保存学会春季学術大会プログラムおよび講演抄録集 2009年;52:P64 A27-0920
 
梶川哲宏,山田聡,小澤康宏,藤原千春,田内拓史,尾崎亘弘,村上伸也.マウス歯周組織発生過程における PLAP−1 タンパクの発現解析.日本歯科保存学会春季学術大会プログラムおよび講演抄録集 2010年;53:P41 B9-1040
 
粟田敏仁,山田聡,山羽聡子,梶川哲宏,尾崎亘弘,阪下裕美,北村正博,島袋善夫,村上伸也.PLAP-1 ノックアウトマウスの作製と解析.日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集 2012;137:P38 B23-1010
 
 
 

論文

ヒト歯根膜細胞におけるcathepsin Kの発現局在(会議録)
Author:尾崎 亘弘(大阪大学 大学院歯学研究科口腔分子免疫制御学講座), 山田 聡, 田内 拓史, 梶川 哲宏, 粟田 敏仁, 山羽 聡子, 阪下 裕美, 村上 伸也
Source: 日本歯周病学会会誌 (0385-0110)54巻秋季特別 Page87(2012.09)
 
ヒト歯根膜細胞におけるインフラマソームの発現(会議録)
Author:山羽 聡子(大阪大学 歯学研究科口腔分子免疫制御学講座口腔治療学教室), 山田 聡, 梶川 哲宏, 尾崎 亘弘, 粟田 敏仁, 柳田 学, 北村 正博, 村上 伸也
Source: 日本歯周病学会会誌 (0385-0110)54巻春季特別 Page115(2012.04)
MedicalOnline
 
山羽 聡子, 北村 正博, 宮里 幸祐, 栗原 暁子, 島 美和子, 久保田 実木子, 西村 誠, 山本 温, 吉岡 恵利, 松本 航, 伊山 舜吉, 東山 弥生, 松井 美樹, 山口 泰司, 尾崎 亘弘, 兒嶋 由子, 大原 廣之, 梶川 哲宏, 小笹 匡雄, 柏木 陽一郎, 三木 康史, 田内 拓史, 竹立 匡秀, 北垣 次郎太, 山下 元三, 柳田 学, 野崎 剛徳, 山田 聡, 島袋 善夫, 村上 伸也.歯の保存に対するSupportive Periodontal Therapyの長期的効果.日歯保存誌 2013;56:40-47
 
1. Fujihara C, Yamada S, Ozaki N, Takeshita N, Kawaki H, Takano-Yamamoto T, Murakami S.  Role of mechanical stress-induced glutamate signaling-associated molecules in cytodifferentiation of periodontal ligament cells. J Biol Chem 2010; 285(36): 28286-97 2.
 
Hou J, Yamada S, Kajikawa T, Ozaki N, Awata T, Yamaba S, Murakami S. Role of ferritin in the cytodifferentiation of periodontal ligament cells. Biochem Biophys Res Commun 2012; 426(4): 643-8.  3.
 
Hou J, Yamada S, Kajikawa T, Ozaki N, Awata T, Yamaba S, Fujihara C, Murakami S. Iron plays a key role in the cytodifferentiation of human periodontal ligament cells. J Periodontal Res 2014; 49(2): 260-7

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 072-468-6405 8:30〜13:00、15:00〜19:30

PAGETOP