iTero スキャニングシステムitero

3D口腔内スキャナーについて

光学3Dスキャニングシステム

快適で負担の少ない矯正治療を目指す当院では、スピーディーに精密な歯型をとる3D口腔内スキャナーを導入いたしました。インビザライン矯正を始めるには、一度患者様の歯型を採取する必要があります。そこで登場するのが超精密な口腔内スキャナー「iTero element」です。

iTero element

高精度3Dスキャナー iTero element (アイテロ エレメント)

「iTero element」は特殊なカメラで口腔内を様々な角度から撮影し3D画像としてスキャンする3D口腔内スキャナーです。非常に精度が高く、撮影時間もわずかでスキャンができ、従来の歯の型取りのように印象材をお口に入れる必要もないため、患者様の負担が大幅に軽減されました。さらに、3Dによる高精度な情報を得ることができるため治療の質が向上します。

また、スキャンした情報はインターネットで送ることができるため、採取した歯型をアメリカまで空輸する必要があった従来よりも1~2週間ほど早く治療をスタートすることが可能です。

iTeroのメリット

精密性

当院では、従来使用していたシリコン印象材を使用せず、3D口腔内スキャナー「iTero element」を使用してより高精度で快適な型取りを行っています。従来のシリコン印象より精密な歯型をとることができ、デジタルデータのため変形することもありません。iTeroを用いることで、従来のシリコン印象に比べてアライナーのフィットに関するトラブルが1/7に減少という統計もあります。

安全で快適

スキャニングに使用するペン型スキャナーの先端部分は取り外し式で、患者様ごとに交換するため衛生面でも安心していただけます。また「iTero element」では、スキャニングした歯型の3Dイメージを、モニターですぐに見ることができます。

イメージを動かしながら現状の問題点や治療の進行シミュレーションなどをご覧になれますので、患者様ご自身も納得の上治療を開始することができます。

また、放射線被ばくもなく、誤嚥もありません。清潔で安全な治療法です。

治療時間の短縮

従来のマウスピース矯正は、動いた歯に合わせたマウスピースを作成するために、交換する度に歯型を取る必要があります。しかしインビザライン治療の「歯の型取り」は最初の1回だけ。再度の来院や、模型の作り直しは必要ありません。

またオンラインによる3Dデータ送信だから、従来のシリコン歯形の輸送時間も不要に。装置が完成するまでに5、6週間かかっていたのがiTero導入により約3、4週間にまで短縮されました。

アイテロを活用したインビザライン治療の流れ

  • 撮影と検査

    口腔内をスティックカメラで撮影。デジタルスキャンにより歯の状態を撮影します。

  • スキャンデータの確認

    専用の3D治療計画ソフトウェアにより、治療計画を作成します。予測される歯の最終位置やおおよその治療期間を確認できます。

  • オンラインでインビザライン本社にデータを送信

    治療をすることを決められた患者様専用にカスタマイズしたマウスピースを製造します。

  • シミュレーションの完成・治療計画の立案

    アライン・テクノロジー社から返信された3Dモデルをもとに、コンピュータ上で歯の移動のシミュレーションを行ない、患者様一人ひとりに最適な治療計画を立案します。

  • アライナーの作製、発送

    治療計画にご納得いただいてから、アライナー(マウスピース型矯正装置)を作製します。iTeroによる歯型どりを行なってから約1ヵ月~1ヵ月半ほどでアライナーが届きます

インビザラインはどこの医院で治療しても同じではありません!

  • 治療計画の制作技術
  • 治療計画に基づいて実際に歯を移動できる技術
  • マウスピースが合わなくなった時に修正できる技術

歯科先進国では2011年ごろから光学スキャナーが普及し始め、日本では2014年よりiTeroの導入が開始されました。おざき歯科医院でも積極的にiTeroを導入・活用しています。

速く・精密な治療をご体験ください。
まずはお気軽にご相談ください

 

「院内設備」関連ページ