金属アレルギー外来allergy

歯科金属アレルギーを安全に治療いたします

もしかして、歯科金属アレルギー?

原因のわからないかゆみ・かぶれ・肌荒れなど、不快な症状があり、皮膚科に通っても治らないとお困りの患者様

それはひょっとするとお口の中の金属が原因かもしれません。

日本の歯科治療では沢山の金属が使用されてきました。詰め物やかぶせ物、入れ歯、また、歯科用接着材にも金属が含まれています。その金属に対するアレルギーで、皮膚の疾患が引き起こされている可能性があります。金属アレルギーは接触している部分で起きるとは限りません。

当院では、アレルギーなどの症状にお悩みの方にも安心して治療を受けていただけるよう、金属アレルギー診断を実施している提携皮膚科をご紹介しております。パッチテストでアレルギーの原因を特定したうえで、金属アレルギーの専門医と連携しながら治療を進めます。お気軽にご相談ください。

金属アレルギー外来の治療内容

虫歯治療

虫歯を削った後に入れる詰め物や被せ物は従来金属が多く使われてきましたが、金属アレルギー反応の症状がある場合は今後のリスクを考えると、金属以外の素材を使用する治療をおすすめいたします。コストが高いのがデメリットですが、医療機関からの金属アレルギーの診断書があれば、保険適用内でも選ぶことができます。
セラミックは適用外となってしまいますが、レジンやハイブリットレジンは対応可能ですのでお気軽にご相談ください。

根管治療

白いしなやかなファイバー繊維を使った土台を使用するファイバーコア治療をおすすめしています。ファイバーコアは色が白いので、かぶせ物をした時に透明感が出て綺麗。しなる性質に加え硬さが歯根に近いため根が割れる可能性が大幅に下がり、金属アレルギーの心配がありません。ただし歯の根の残ってる量が少ない時は選択ができません。

 

入れ歯治療

弾性のある素材でフィット感にすぐれ割れにくいノンクラスプデンチャーをおすすめいたします。バネの目立たない入れ歯で健康な歯を削らずに作ることができます。自然な見た目で審美性に優れていて、金属アレルギーの方も安心して使用できます。

矯正治療

当院ではすでに充分な実績のあるマウスピース型矯正治療をすすめています。治療に使われるマウスピースは柔らかいプライスティック素材でできており、金属を使用しておりませんので金属アレルギーの方でも安心してご使用いただけます。

 

 

メタルフリー治療

金属の詰め物や被せ物を外し、メタルフリー素材に修復交換する治療

おざき歯科医院では、口腔内にある歯科金属を除去してオールセラミックス(ジルコニア等)ハイブリッドセラミックス グラスファイバーなどの金属を使わない歯科材料に置き換える治療を行っています。金属アレルギーの方にも安心して治療を受けていただくために様々な最先端技術を導入しています。

例えば治療の際削りカスがお口の中で飛び散らないように当院では、ラバーダムといったゴムのシートを装着したり、その他、粘膜を保護する処置を行うことで、削りカスによる二次被害を最小限に抑えます。

ラバーダムに加えて、口腔外バキュームという機械を使うことにより、空気中に舞った金属の削りカスを吸引し、鼻から体内へ金属の削りカスが入り込んでしまう量を減らします。当院では、可能な限り体内への金属の取り込みを減らすように努力しております。