外傷歯の治療displaced tooth care

脱臼歯の再植

転んだり、ぶつけた場合に歯が折れたり、抜けてしまった場合の再植術

たとえ歯が完全に脱臼してしまっても、再植することで歯を助けることが可能です。

歯に強い外力が加わることによって、歯を歯槽骨に固定している組織が断裂し、歯が骨から完全に離れて、すっぽり抜けてしまうことを完全脱臼と言います。一部の歯根膜が断裂しただけの不完全脱臼(亜脱臼)までさまざまな状況があります。

歯が完全脱臼した時の応急処置

歯が口外にある場合の対処法

  • 抜けた歯の歯冠部を持ち汚れを軽く流す。
  • 歯根の周りには歯根膜と呼ばれる組織があり、これを剥がしてしまうと歯がつかなくなりますので、ブラシなどは使わないで下さい
  • 歯を乾燥させないようにしてください。生理食塩水があればすぐにその中に保管して下さい専用保存液・牛乳でも良いですし何もなければ口内で保存を。
  • できるだけ早く少なくとも当日中)に歯科医院にお越しください。
  • 歯根を取り巻く歯根膜は、口腔外では30分が限度と言われています。保管も来院も早いほど再植しやすいです。

歯が口内にある場合の対処法

  • 歯根にさわらないよう元の穴に戻します。
  • 上手く穴の中に入らない場合は口の中に入れたままで大丈夫です。
  • できるだけ早く少なくとも当日中)に歯科医院にお越しください。
  • 歯根を取り巻く歯根膜は、口腔外では30分が限度と言われています。保管も来院も早いほど再植しやすいです。

再植治療の流れ

早めの処置で歯は助かります

治療方法

歯の状態をレントゲンで確認し、歯を元の骨の穴(抜歯窩)に戻し(再植)、両隣の歯と接着剤で固定します。完全脱臼の場合はワイヤーを隣接する数本の歯に渡し、それぞれの歯を接着剤で固定します。

亜脱臼の場合は2~3週間、完全脱臼の場合は約4−6週間安静にする必要があります。固定が確認されれば固定具を外します。神経が生き返る場合もあれば死んでしまう場合もあり、その後の処置の仕方は変わってきます。