小児矯正child orthodontics

予防矯正という考え方

子どものうちから歯並びを整えることで
こどもを健康な体へ導きます。

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 歯ならび
  • 口呼吸
  • 咬み合わせ
  • お口ぽかん

現代は小顔の子どもが多く、顎が小さくなっても歯の大きさだけは変わらないので、不正咬合が増えています。また、こどもの歯列矯正は歯ならびだけでなく、「口呼吸から鼻呼吸へ」「舌のトレーニングによる正しい飲みこみや発音」など、こどもを健康な体へ導くことを目的として行います。おざき歯科医院では、虫歯予防とともに、歯ならび・咬み合わせの改善も大切な子どもの予防歯科治療と捉えて、積極的に取り組んでいます。

マウスピース式矯正(プレオルソ)

日本矯正歯科学会認定医が開発した、
負担の少ないマウスピース式矯正

10歳ぐらいまでの骨の柔らかい時期に使うことで、大きな効果を期待できます。

お口周りの筋肉のバランスを整えます

歯ならびが悪くなるのを予防できます

使い方簡単!
家にいるときと寝ているときに装着するだけ。

マウスピース式は固定式に比べてに痛みが少ないと言われています。家にいるときと、寝ているときに装着するだけなので、無理なく始められます。学校に行くときは家に置いていくので、見た目が気にならず、歯磨きの邪魔にならないのも安心です。

 

インビザラインファースト(薬機法対象外)

お子様向け透明マウスピース矯正「インビザラインファースト(薬機法対象外)

オーダーメイドで作成する透明マウスピースを5~7日ごとに新しいものへ交換していくことで少しずつ歯を動かし、歯並びを整えていく治療法です。完全オーダーメイド装置のため、歯列の拡大と前歯の並びを整えることが同時に行える最新の治療法です。

苦手な子が多い歯型の型どりもスキャナーで行いますので快適です。

歯ブラシがしやすく、外しているときは食事の制限もなく、スポーツも安心してできるのでお子様にも大変好評です。

床矯正

子供向けの歯列矯正治療法「床矯正」

床矯正(しょうきょうせい)は、顎が小さくなっている現代の子どもの顎の成長に合わせ、歯が並ぶスペースを作っていくことを目的としています。顎の骨がやわらかいこどものうちに、プラスチック製の床矯正装置を1日に一定の時間付けていただくことで子どもの顎骨の成長に合わせて歯並びを良くしていきます。

症状に応じた矯正治療

小児矯正の治療には慎重な見極めが重要です。
お一人おひとりに最適な治療を提供してまいります。

おざき歯科医院ではプレオルソなどのマウスピース矯正、インビザラインや床矯正のほか、症状や患者さんの希望に応じて、他の機能的矯正装置や固定式装置などの治療も行なっています。

 

小児矯正の治療の目標は、大人になった時にしっかりした歯列を作ることです。

乳歯から永久歯に生え変わる混合歯列期から口腔内管理を始め、症状によって、小児矯正・予防矯正が効果的かどうか見極めてアドバイスさせていただきます。

当院ではむやみに小児矯正を行うのではなく、経過観察させていただくこともあります。また、逆に予防矯正によって、永久歯列になった時の矯正が必要なくなる場合もあります。

おざき歯科医院では小児矯正に関する無料相談を随時承っていますので、まずはお気軽にご相談ください。オンラインでの矯正の相談も可能です。