ラバーダム防湿rubberdam

ラバーダム治療とは

ラバーダムにより口の中の細菌から治療する歯を隔離し、根管治療の成功率を飛躍的に上げることができます。

ラバーダム防湿法とは、治療する歯に唾液などがかからないよう口の中全体を薄いゴム製のシートを用いてカバーし、治療する歯の部分だけを露出させる方法です。

 

ラバーダム防湿は、歯とお口の中を隔離することで唾液からの細菌感染を防ぎます。

むし歯の主な原因は、口の中にいるむし歯菌(ミュータンス菌)です。その菌が歯垢(プラーク)となって歯の表面に付着・増殖し糖質から酸を作り出します。その酸が、歯の成分を溶かしてむし歯にしてしまうのです。根管治療を行う歯は、神経組織がないために血流もなく免疫力がない状態になります。その状態の歯に口中の細菌が入り込むと増殖し放題になってしまい、病気は再発してしまいます。根管治療を成功させるためにはいかなる細菌も寄せ付けない環境を作る必要があるのです。

ラバーダム防湿が使われる治療について。

ラバーダム防湿は専用のゴムのシートに小さな穴を開け、治療する歯だけをその穴に通してお口の中と歯を隔絶します。大まかな手順としてはゴムのシートに歯を通す→金属製のクランプや糸で歯に固定すると、たったこれだけの作業のように見えますが、とても時間もかかり手間のかかる処置です。しかし感染予防を第一に考えなければならない根管治療の成功率を上げようと思うとこのラバーダム防湿が必須です。また、歯の詰め物の治療時にも有効です。唾液で湿った状態ですと詰め物が上手く接着しません。接着が上手くいかないと、詰め物が外れやすかったり、隙間から菌が歯の中に入って、むし歯が再発したりしやすくなります。ラバーダム防湿をすることによって唾液をシャットアウトし、確実な詰め物の接着が可能となります。

ラバーダム防湿のメリット

治療する歯を乾燥させることが出来ます

お口の中の湿度は100%に近い状態です。これは、根管治療や詰め物の接着などの治療を行う上で、大きな障害となります。ラバーダム防湿を使用することで治療する歯を乾燥させることができ、治療の質が向上します。

治療しやすくなります。

ラバーダムを使用すると、暗いお口の中でもで他の部分が覆われ治療する歯だけが見える状態になるので、とても見やすくなり治療の精密性が上がります。また、押さえる必要がなくなり左手が自由になりますので、両手で器具を持つことが出来、より効率的に精度の高い治療を行うことが出来ます。

器具の落下や誤飲を防ぐ事ができます。

ラバーダム防湿をしてから詰め物や被せ物を除去すれば、削りかすや小さな器具が誤って口の中に落ちてしまうことがありません。落ちてたものを飲み込んでしまったら、最悪は除去するのに外科手術が必要なこともあり、大変なことになってしまします。お子さんの治療でも安心して治療することができます。

口腔内が傷つきません。

ラバーのシートによって口腔内が守られているので器具操作で唇や頬の内側、舌を傷つけることがないので安全です。動いてしまいがちなお子様の安全を守るためにもとても有効な治療法です。

治療にあたって

精密な根管治療では、根管内に口内細菌を感染させないための無菌処置が重要です。

しかし細菌による感染を防ぐためには、ラバーダムの使用だけでなく、全ての器具の徹底的な滅菌、使い捨ての器材の利用などを行う必要があります。おざき歯科医院では、もちろん全ての事柄に徹底して気を配り、最先端の技術を学び日々研鑽に努めております。

アレルギーをお持ちの方は申告ください。

一般的なラバーダム防湿に使用するラバーシートは天然ゴムラテックス製です。当院では通常ラテックス製のラバーダムを使用しています。問診を行ってはいますが、ラテックスアレルギーの自覚のある方は必ず申告して下さい。