インプラント治療implant

インプラント治療とは?

お一人おひとりの症状に合せた精度の高いインプラント治療

近年、普及したインプラント治療

インプラント治療とは、歯を失った顎の骨にネジのような形をした人工歯根(歯科インプラント)を埋め込み、その上にセラミックなどの人工歯を被せることにより、失った歯の機能を回復させる歯科治療です。インプラント治療により、周りの歯に負担をかけることなく、自分の歯のようによく噛める、美しい歯を取り戻すことができます。

1965年、スウェーデンでブローネマルク博士が初めてインプラント埋入を行い、インプラント治療は世界中に急速に普及、日本でもここ20年の間に一般的な治療となりました。当院でも日本口腔インプラント学会に所属し、積極的にインプラントの治療と研究に取り組み、さまざまな症例に対応してまいりました。

予知性の高いインプラント治療を実現をめざして。

インプラントは高度な外科手術を伴う歯科治療です。患者様一人ひとり骨の硬さや歯肉の状態が異なるため、それぞれに適切な治療をすることが重要です。

おざき歯科医院の院長は日本口腔インプラント学会に所属、歯周病学会認定医および日本顎咬合学会かみ合わせ認定医です。当院では綿密なカウンセリングをおこない、患者様の歯の健康状態等さまざまな条件に基づいて、適正な治療法と考えられる場合にだけインプラント治療をお勧めしています。快適性と耐久性の高いインプラント治療を実施できるように務めています。

こんなことでお困りございませんか?

  • 歯が抜けてから、ずっとほったらかしになっている・・・
  • 入れ歯が合わなくて困っている・・・・
  • これ以上歯を失っていきたくない・・・
  • 他の歯科医院でインプラント治療が無理だと言われた・・・
  • 大切な健康な歯は削りたくない・・・

そういう悩みを解決する治療法として、近年「インプラント治療」というものが注目されてきています。

歯を失った場合の治療法

歯を失った場合の治療法は大きく分けて、入れ歯、ブリッジ、歯の移植、インプラントの4つがあり、それぞれにメリット、デメリットがあります。

治療方法インプラント入れ歯ブリッジ歯の移植
インプラント手術によって人工の歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を固定します。入れ歯入れ歯とは、歯のない部分に取り付ける取り外し式の装置です。ブリッジ歯のない部分の両側の歯を削ってしまい、つながった形の冠をかぶせます。歯の移植噛み合わせと関係ない歯を歯がない部分に移植する治療法です。
審美性天然歯と変わらない審美性を回復銀色のバネが見えて審美性において悪い自由診療でバネが歯茎の色に近い目立ちにくいノンクラスプデンチャーを選択可能)材料によっては見た目がきれい自由診療)自分の歯を使うので、違和感が少ない。(歯の大きさが違うことも)
他の歯への負担他の歯に負担がかからないバネをかける歯に負担がかかる自由診療で違和感が少ない薄い金属床を選択可能)隣接する健康な歯を削る必要がある(将来、歯根の破折の可能性がある)免疫拒絶反応がほとんどなく手術負担も少ない。
噛み心地・味覚天然歯と同じように噛める咀嚼力は天然歯の50%・味を感じにくい固定式だから違和感が少ない食事の際に噛みごたえや歯ざわりを感じやすい。
治療期間手術が必要・通院回数が多い。インプラントと骨の治癒を待つ期間が必要(約3ヶ月〜1年)治療は短い3〜4回程度の通院治療は短い
治療費用保険適用外のため高コスト保険適用であれば比較的低コスト銀色なら健康保険で治療可能保険適応外でもインプラントに比べて安価
適応条件顎の骨が十分にあれば適応可能ほとんどの症例に適応可能土台となる歯の状態によっては適応しない歯や顎の形によって適応できないこともあり成功率は年齢により下がってくる
耐用インプラントの5年後成功率は92〜97%と高い。30年超の耐用も可能(歯周病対策・定期メンテナンスが必要)取り外して清掃ができる。取り外しの手間がある。約7〜8年、歯ぐきの変化に応じて調整が必要。平均8年程度(顎の骨の状態による)定着すれば生涯使える

インプラントの特徴

インプラント治療をお勧めする理由

長持ちする

何と言っても、インプラントの最大のメリットのひとつは長持ちすることです。すべての噛むための人工物には耐用年数があり、例えば部分入れ歯だと約6年、ブリッジでも約8年の耐久性といわれています。一方で、インプラントの10年残存率は9割を超えており、正しくケアを行えば、30年以上利用できるとされています。インプラント体に使われるチタンという金属は生体安定性にすぐれ摩耗や損傷に強く、半永久的に使用できる素材です。

しかしケアを怠ると天然歯同様に歯槽骨(歯を支える骨)が溶けてインプラント周囲炎になる可能性があります。患者様自身のセルフケアに加え、当院での定期的なメインテナンスを継続されることで予後は大きく異なってまいります。

歯への負担が少ない

インプラントを数多く行うなかで実感させられるのは、周囲の歯への負担が少ないということがあります。入れ歯やブリッジといった他の人工歯治療は、患部以外の歯に負担をかけるという大きなデメリットがあります。

例えば、部分入れ歯は両サイドの歯にバネをかけるように装着するため、バネが健康な歯を傷つける恐れがあります。

またブリッジは治療時に、健康な歯を削る必要があります。

インプラントは埋め込み時に他の歯に負担がかかりにくだけでなく、他の治療法に比べて噛む力が強いです。インプラントは、歯の負担もバランスよく分散され、他の健康な歯を長く保つことができます。

天然歯に近い噛み心地

本来の歯で噛む力を100%とすると、部分入れ歯では約40%、ブリッジでは約60%に低下すると言われています。

一方、インプラントの場合は顎骨への安定性が高いため、約80%の力で噛む事ができ健康な歯に近い食べ物の噛み心地を得られます

入れ歯やブリッジは噛む力が弱く、食べ物を小さくカットしたり、食べられなくなるものありますが、インプラントはしっかり咀嚼できるので、好きな食べ物を我慢する必要はありません。また、入れ歯のように「グラつく」「合わなくなる」といったことがないのも大きな特徴です。

美しい仕上がり

笑った時に見える歯は、見た目の印象を大きく左右します。インプラントへの被せものはセラミック製で自分の歯と同じ白さに調整できます。

入れ歯のように金属バネが見えてしまったり、銀歯のように目にとまったりすることがありません。

セラミックは錆びやアレルギーが起こりにくく衛生的、長期間美しさを維持できます。

しかし審美性に優れた捕綴物を長期にわたり維持するためには、何よりも埋入後のインプラントと人体との調和が大切です。

おざき歯科医院では、CT、各種検査の上で、解剖学的に正しいサイズと形態の補綴物の設計に取り組むことで、他の歯列と調和がとれた、美しいインプラント治療に取り組んでいます。

インプラントには歯科治療上の多くのメリットがありますが、
経済的・体力的なデメリットもあります。

  • 健康保険の適用外
  • 手術が必要です

インプラント装着には部分麻酔を使用した外科手術が必要です。事前にCT上で神経や血管の位置、骨の状態をきちんと確認しリスクを検討します。顎の骨が弱いと、骨を移植する必要があるケースもあります。また歯茎の切開を伴うため術後の腫れや痛みがひどいこともあります。当院では専門医が可能な限り歯や歯茎にダメージを与えないよう細心の注意を払って施術いたします。

また健康保険が適用されない自由診療となるため、通常の歯科治療と比べると治療費がどうしても高額になってしまいます。(ただし、インプラント治療費用は医療費控除の対象となります。)

患者様の症状・術式や、人工歯の素材などにより費用は変わってまいります。どこの歯を優先的にインプラントにするかなど、あらかじめしっかりとしたプランを立ててまいりますので、あなたの意思、希望を私たちにお伝えください。

志結会のインプラントについて

世界基準のインプラントシステムを採用

おざき歯科医院では、世界シェアトップクラスの「ストローマンインプラントシステム」「オステムインプラントシステム」を採用しています。

ストローマンインプラントstraumann system

おざき歯科医院では科学的根拠に支えられたストローマン社製の世界ナンバーワンインプラントを使用しています。

インプラントガイドシステム

ガイドサージェリーシステムを導入しています。

複雑なインプラント治療に関しても、規格性を持って対応することができます。

インプラントガイドシステムに関しては、オステムインプラントガイドシステム「ワンガイド」システムを導入しています。

安心のインプラント保証制度「ガイドデント」

10年のインプラント保証制度を受けることも可能です。保証には医院の定める規定がありますので、医院までご相談ください。