上下歯列接触癖Tch

TCH(上下歯列接触癖)

日常生活の中で、上下の歯をかみしめていませんか

TCH とは、Tooth Contacting Habitの略で上下歯列接触癖といいます。
上下の歯が接触しているのは当たり前のことでは?
とお思いの方もいるかもしれませんが、
実は1日のうち、上下の歯が接触している時間は
平均するとたったの20分以下程なのです。

普段、リラックスした状態であれば上下の歯の間にはわずかなすき間が生じています。しかしながら、TCH(上下歯列接触癖)がある方は上下の歯を気付かぬうちに長時間接触させてしまっていることになります。特に力を入れていないつもりでも、筋肉はいつも使われているものですから、筋肉の疲労や顎関節への負担は積み重なっています。

「歯ぎしり」「食いしばり」といった、力のかかり具合が強く短時間でも不快感や違和感があるため自覚するのが容易なものとは違って、 TCH を自覚することは難しいと思われます。

TCH(上下歯列接触癖)の原因

TCH は緊張集中が必要なシーンで起こることが考えられます。

  • 仕事や対人関係
  • 家事(掃除、洗濯、料理)
  • 車の運転中
  • ゲームなどで集中して遊ぶ時
  • スマホやタブレットでうつむく時間が長い
  • 仕事や家事など、日常的にストレスのかかる場面に加え、現代ではゲームやスマホなど、長時間うつむきながら同じ姿勢を取ることが増えています。
  • この姿勢が続くと上下の歯が接触しやすくなる上に下顎に力がかかることになり、結果的にTCHになりやすくなります。

TCHが引き起こす問題点

上下歯列接触癖

歯周病の悪化

TCHや歯ぎしりにより、歯だけでなく歯ぐきや顎にも大きな負担がかかります。そうなると歯周組織にも悪影響を及ぼし、結果的に歯周病が悪化しやすいです。就寝時に起こる歯ぎしりにはマウスピースが有効ですが、TCHがやっかいなのは就寝時ではないため、一日中マウスピースを装着することが難しい点です。

上下歯列接触癖

歯並びの悪化

歯はわずかな力であっても、それが持続的な力であれば動いてしまいます(矯正治療の原理でもあります)
特に歯周病で歯槽骨が痛んでる方は歯の動きが大きくなりがちです。特に50代以上の方は歯周病を併発していることが多く、こういった症状が出やすくなります。

 

上下歯列接触癖

歯の被せ物や仮歯が何度も取れる

TCHがあると絶えず歯を噛んでいますから強い負荷がかかり、仮歯やかぶせものなどが取れやすくなります。また、インプラントをしている方は、骨に入れているネジの部分や、歯とネジの接続部分などが噛む力などにより破損することがあります。
TCHがなくなれば、治療したつめものやかぶせもの、インプラントが長持ちしますので医療費の節約になります。

歯ぎしり・食いしばりの悩み

エラの張り

いわゆるエラの部分(顎角)、ここは噛むための筋肉、咬筋の付着部位です。咬筋は耳の下から頬にかけて広がっている筋肉で、咀嚼筋と呼ばれる主に咀嚼運動に関わる筋肉群に含まれており、自分の意思で動かすことができます。
TCHは常にその部分に負荷を掛けることになります。それは咬筋の筋トレをずっと行っているような状態ですから、エラの部分が発達してしまうことにつながります。

上下歯列接触癖

この症状ってもしかして?

歯科医の診察を受けても異常を見つけられないのに、歯が痛い・しみるというような症状が出る場合があります。また、繰り返す口内炎や、頬の内側を噛んで傷つけてしまうなどの症状も、常態化したTCHが原因の可能性が考えらえます。
常に噛みめていると、顎周りの筋肉が疲労・緊張し顎関節への負担が増すことになります。これにより顎の違和感、疲労感から始まり、顎が開きづらくなったり、顎関節症、肩こりや頭痛の症状が現れるなど、さまざまな不定愁訴が起こることもあります。
一度診察してみませんか?

これってTCHなの?

上下歯列接触癖

今すぐできるTCH簡単セルフチェック

まず、軽く唇をとじて楽な姿勢で立ってみてください。

上下の歯でどこか接触している部分はありませんか? 前歯や奥歯の一部、また右か左だけという場合もあります。 どこか触れている場合はTCHであると考えてよさそうです。

触れているところがなかった方は、唇を閉じ、上下の歯が接触しないよう軽く離してください。そのときに、口元に違和感を感じる場合はTCHがあると考えられます。はっきりした違和感がない場合は、その状態を5分間続けてみます。そこで違和感を覚える場合もTCHが疑われます。

TCHは治せる?

自分で出来る改善策

TCHは無意識の習慣なので、やめようとしてもすぐにやめられるものではありません。ストレスが原因ともいわれるので、自分に合ったストレス解消方法を見つけることも大事だと思われます。

そのほかの対策方法としては、日常生活の中で目に入りやすいパソコン、車のハンドル、TVなどの隅に”歯を離す”と書いたふせん紙などを貼っておき、目に入ったら上下の歯を離しリラックスさせるということを繰り返していくと、徐々に歯が接触している時間が短くなります。上下の歯を離し、頬の筋肉の力を抜くことを意識し続けてみてください。

おざき歯科医院で出来る改善策

上下歯列接触癖

ボトックスを注射によるTCHを改善する治療法

TCH は就寝中の歯ぎしりと違って、ナイトガード(マウスピース)を装着して改善することは難しいので、治療は簡単ではありません。

しかし、最近はボトックスを注射することで TCH を改善する治療法が行われるようになりました。ボトックス注射はTCHだけでなく、歯ぎしり、顎関節症などにも有効です。改善が難しいTCHには一つの選択肢と考えることができるでしょう。

TCHでお悩みの方は、おざき歯科医院までご相談ください。