お知らせnews

4102020

お知らせ

大阪府の昨日(4月9日)の一日の感染者数が92名となりました。これを受けて大阪府はこれまでの感染状況を「フェーズ1」(感染拡大期)としてきていましたが、1日平均67人の感染者が出るとした「フェーズ2」(危険水域)に入ったとの認識も示しました。

志結会では、大阪府の感染者対策に連動する形で、治療のガイドラインを作成しております。

これまでの感染対策をさらにすすめて参ります。

これまでの環境に対する、

・ソーシャルディスタンスの確保のため待合椅子の間隔を開ける

・常時空気換気のため扉の開放

・環境消毒を随時行う

・感染を持ち込まない

治療に関しても、

・新型コロナウイルス感染に関する問診票を治療ごとに記入し確認

・体温測定をお願いしています。

・患者様一人ひとりごとの器具の滅菌・消毒

・グローブの患者様ごとの破棄

・治療前のうがいをお願いしています。

・院内感染予防のためにも、術者のマスク、ゴーグル、グローブ、防護服の使用をしております。

患者様の治療内容に関して、

・患者様のリスクに応じて緊急事態宣言発令時期以降へのアポイント変更を勧告

・緊急性の高い治療を優先

患者様にもご不便おかけするところもありますが、患者様の安全のため、院内感染予防のため、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

志結会 理事長 尾崎亘弘