院長ブログThe director's blog

232020
日々のこと

貝塚市歯科医師会学術講演会DrとDHのチームで外科的歯周治療について考えよう大月先生

貝塚市歯科医師会で、大月先生にご講演いただきました。

タイトルはDrとDHのチームで外科的歯周治療について考えよう

歯周治療と、その予防に力を入れている当院にとてもドンピシャな内容でした。

今日の講演内容を、また月曜日から活かして行きたいと思います。

 

以下自分メモです。

歯周外科治療の前には基本治療が重要。患者様のブラッシングができていることが大前提になっている。もしプラークコントロール悪いなら、外科処置しないほうがいい。非外科的歯周治療とくらべてアタッチメントロス大きいから。

4mm超えないとアタッチメントゲイン起きない。

6mm超えてBOP続く、患者さん気にしているなら歯周外科処置へ移行する。

OPEアシスタントの勘所をご講演いただきました。

今回は当院のドクター衛生士もともに参加することができました。

アシスタントワークの勘所をお伝えいただくことができました。

 

 

この内容を当院の臨床の中にも落とし込んで、より高いレベルの臨床を実現していきたいと思います。

学術部員として、開催にあたりご協力頂いた、大月先生はじめ、諸先生方に感謝いたします。