院長ブログThe director's blog

11302015
臨床・症例について
医院のこと

インプラント治療をするときに想うこと。

こんばんは。院長の尾崎です。
おざき歯科医院は歯周病の治療と予防に力を入れています。
またインプラント治療も力を入れて行っています。なぜなら、術後のフォローが出来たらこれほど気持ちよく食事ができる方法が無いからです。また、健康な歯質を削るなど他の歯への負担がすくないからです。もちろん虫歯処置、歯周治療がなされ、術後のフォローができる場合に限りますが。。。
おざき歯科医院においても最近インプラント埋入は月数症例行われております。おざき歯科医院で採用しているインプラントはストローマンインプラントです。
アメリカでは、インプラント治療は、歯周病専門医の仕事です。歯周病の管理、歯肉、歯槽骨の状態を把握するのに長けているからでしょう。
私も、処置をするとき、術前のCT、模型をもとに術前のシュミレーションを行ないます。
麻痺が出ないように、下顎管との距離を考えて、骨の硬さ、厚み。
処置が終われば、良かったところ、さらによくできるところをフィードバックします。
アンテリアループをどこまで読めるか、CTの診断も深く行う。
インプラントが数%の確立で起こる脱落をいかに減らすか。
考えはじめたらいつまでも考えています。
私は、インプラント治療に臨むとき、患者様と治療に対して、真摯に向き合っています。
やはり、おいしくお食事ができる様になりましたとの喜びの声を聞いて、患者様の笑顔を見たいからです。