院長ブログblog

9162018
研修・講演

30under30スピンオフ講座2回目から感じたこと

9月16日日曜日に「30under30スピンオフ講座」に参加してまいりました。会場は松原市いなだ歯科様でした。

次回12月と来年の講座開催は、当院で行います。

稲田先生のところのスムーズな運営を目指します。

情熱ある若手歯科医師の支援を行う、30under30の活動を通じて、考えることがたくさんあります。

 

僕は、歯科医師が活躍できるフィールドを創りたい。若手の歯科医師が夢を持って仕事ができるようになってほしいと思っています。

 

自分の歯科医師としての臨床を追求していく。やりがいを持つ。

開業して、開業の大変さやリスクを改めて考える今日このごろです。僕は、医院の経営や組織運営、医院の成長に興味があるのでいいのです。しかし果たして、どれくらいの歯科医師の先生が、経営をしたいのだろうとも感じます。

 

 

臨床家としての幸せってなんだろうと。

歯学部に入学して、歯科医師になって、定年まで働くとして。

歯科医師がしっかりと職業人として活躍でき満たされて、経済的にも恵まれて、プライベートも充実させることができる。

 

僕は、やる気のある先生が輝けるそういう歯科医師にとって素晴らしい舞台を創りたい。

そう願い、30under30とも協力し、また志結会としても自院でも4期目を突き進みます。

 

一歩でも良い治療が患者様に提供できるように。医院理念である、口腔の健康を通じて、関わる人が物心ともに満たされるように。