院長ブログblog

1222022
日々のこと

MID-G関西支部会にて北道敏行先生に「デジタルの最前線とその活用法」としてご講演いただきました

 

本日MID-G関西支部会で、北道先生に「デジタルの最前線とその活用法」と題してIOS臨床のご講演をいただきました!

 

僕たち医療法人志結会は、常に日本最先端の歯科医療を追求できるように、日々成長しています。

志結会では一昨年インビザライン矯正治療のクオリティーを上げるため光学スキャナーのアイテロを導入しました。これによりインビザライン矯正治療の質が一気にあがりました。

僕自身の歯並びを治すために行っているインビザライン矯正治療も、このアイテロを用いて口腔内スキャンを行いました。口腔内の印象をとるのに、こんなに楽だというのに衝撃を受けました。また一瞬で口腔内の状況がモニターに現れ、咬合力などの分布が分かることに感動しました。

そして光学スキャナーの衝撃を受けた僕は次の治療に目を向けました。そう、セレックシステムです。

メタルフリー治療を実現するため、さらにワンデートリートメントができるために、セレックシステムを医院に導入しました。現在多くの治療にこのシステムを使っています。そして、これからさらに活用していきたいと思っているところです。

 

セレックシステムの第一人者である北道先生の話はとてもおもしろく、勉強になる内容でした。今後、僕自身も「北道道場」に参加したいと思います。

僕はこの志結会で、歯科界におけるデジタル時代の最前線を走っていきたいと思っています!

興味のある若手の先生はぜひFBなどでコメントメッセージをください!