院長ブログblog

1162020
日々のこと

大阪歯科衛生士学院専門学校で授業をました。 口腔解剖学の一回目

 

大阪歯科衛生士学院専門学校で、授業をしてきました。

今日が口腔解剖の一回目でした。

 

 

夜間部の学生さんに講義です。夜間の部は仕事をしながら専門学校に通っている子も多く、熱心です。

 

 

京都の薬理学から、大阪の口腔解剖、これからの歯内療法学と、教えることが本当に自分の勉強にもなっています。

そしてどのように、生徒さんの記憶に残していくか考えることも、僕にとってとても勉強になります。

 

 

僕の夢である、南大阪から歯周病を無くす。そのためにも衛生士さんになってくれる人の教育は重要だと思っています。今年教える100人ほどの衛生士学生さんが素晴らしい衛生士さんになることを願っています。

 

 

解剖の知識は衛生士として一生の財産です。少しでもこの子達の将来に役に立てるように、記憶に残るように教えていきたいと思います!

 

 

そして、ご理解いただいている患者様に感謝します。これは必ず、巡りめぐって患者様に還元されることだと信じています。

そして医院をまもってくれているメンバーに感謝です。ありがとう。みんながいるから実現できていることです。

 

 

PS、一階が想像以上にファンシーでした!